自殺率0

「子どもの悩み」を解決するためには考えることが必要です。

 

でも、ただ考えるだけでは、自分がコントロールできない過去の出来事や漠然とした不安ばかり考えがちで、建設的な思考はおろか、メンタルを患うことも出てきます。

問題解決に向かうためには

 

「正しく考える」ことが必要です。

 

して、「正しく考える」ためには「ロジカルシンキング(論理的思考)」や「クリティカルシンキング(批判的思考)」などのビジネス思考が有効なのですが…

「子どもの悩み」についての「多角的な情報」がないところでの「〇〇シンキング」は思い込みを助長するだけであまり役に立ちません。

仕事では人の話が聞けたり、柔軟な思考を働かせている優秀な従業員が、家庭ではダメダメで、「子どもの悩み」で生産性をさげているのはよく聞く話です。

「子どもの悩み」の本質を深く論理的に「正しく考える」ためには、「その問題が解決に向かうためのあらゆる情報」が必要です。

子育て世代には、その「情報を得る時間とキッカケ」が足りないのです。